気になる男性が思わずOKしちゃうデートの誘い方まとめ!

気になる男性が思わずOKしちゃうデートの誘い方まとめ!

デートの誘いは男性からが基本!と意中の彼や気になる相手から誘われるのを延々と待っている方はいませんか?

相手に彼女がいないと聞いて、気持ち的には余裕を持って待っていても、待っている間に他の女性と付き合い始めていたというケースはよくあります。

せっかく気になる人や好みのタイプの男性がフリーだったのに、その絶好の機会を逃して他の女性に取られてしまわないよう、なかなか誘ってもらえなければこちらからアプローチをかけましょう。

もっとも、やっぱり自分から誘うのは恥ずかしいとか、押しの強い女性と思われたくないという方、デートの誘いはやっぱり男性にして欲しいという方は自分からアプローチしながら相手の誘いを引き出す方法がおすすめですよ。

男心をくすぐる誘いを引き出すアプローチ法

男性は頼られるのが好きな生き物です。また、自分が興味のあることを他の人にも知って欲しい、見て欲しい、聞いて欲しいなどの欲求が強く、自分の価値観や興味に共感されるととても喜びます。

そこで、1つの有効なアプローチ法が教えて欲しい攻撃です。

教えて欲しい攻撃とは、「○○さんって××に興味があるんですよね。私も最近いいなと思っているので、今度教えてもらえませんか。」といった感じに攻め込みます。

そうすると、相手は「それなら、今度、一緒に行こうか。」とデートとは気づかず、気軽に誘ってくれます。

アート好きの彼なら美術館に連れて行ってという流れになりますし、スポーツが好きな彼ならクライミングやゴルフ、テニスなどに連れて行ってもらう流れになり、アウトドア好きの彼ならトレッキングや海へのドライブなど、彼の趣味に付き合うことが実はデートというあなたの想いを実現するアプローチになります。

趣味が特にないとかわからないという場合は、一緒に行きたいアプローチにトライしましょう。

「新しい話題のスポットが気になるので一緒に行ってもらえませんか?」とか、「○○のエリアは詳しくないので案内してもらえませんか?」とあなたが頼りなのアピールをしてみましょう。

女性に頼られると何とかしなくちゃとか、俺に頼るなんてかわいいなと思ってもらえたり、期待に応えて案内してあげたいといろいろと計画を立てたり、情報を詳しく収集して自然とデートのおぜん立てを彼がしてくれることになります。

こちらから誘って断られない誘い方

遠まわしに誘ってもらえるようにセッティングしたり、一緒に行きませんかアプローチをしても「また今度ね。」とか「そうだね、機会があれば行きたいね。」と、いつあるかわからない約束にしかつなげられないときには、意を決してこちらから誘わないといけません。

とはいえ、断られるとショックですし一度断られたらもう次はなく、デートを通じてあなたに興味を持ってもらうという計画も台無しになります。

「どうしても○○さんと一緒に行きたいところがあるんです。」「○○さんにぜひ見せたいものがあるんです。」「○○さんが好きなグルメの美味しいお店を見つけたので、今度予約しておきます。」と自分が行きたいではなく「その方と」という点を強調して誘ってみましょう。

自分のためとか自分でないとと言われることに男性は弱いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です