2回目のデートで脈ありかわかる!?誘い方やデート場所のポイントは?

2回目のデートで脈ありかわかる!?誘い方やデート場所のポイントは?

2回目だからと油断してはいけない実は判定のとき

お互いに何となく興味を持ってデートをしても、1回目のデートでやっぱり違うと判断され、そのまま会わなくなるというケースは少なくありません。

一方で、2回目の約束が取り付けられたとしても油断してはいけません。

中には、もう一回くらい会ってから決めようという慎重派の男性もいますし、1回目はお互い緊張していて素が出ないから2回目で決めようと思っている男性もいます。

もちろん、女性の側でもそう判断する方もいると思いますが、あなた自身はとても相手が気に入っていて本気で好きになって欲しいと思ったときには、2回目が勝負と言えるかもしれません。

自分を飾ることや無理しすぎる必要はありませんが、女性としての恥じらいを忘れず、男性に引かれてしまうような行動は慎むのが賢明です。

3回目のデートにつなげるための誘い方

2回目をクリアして3回目以降は相手から誘ってもらえるよう、初回のデートを終えた後、どうやって誘えばいいのでしょうか。

初回でちょっと相手が迷っていそうと感じたり、なかなか相手から2回目のデートの誘いが来ないという場合、少し不安の影もよぎります。

その不安を解消して2回目のデートを楽しく盛り上げ、3回目は相手から誘ってもらえるように切り出し方には注意しましょう。

2回目の誘いで断られてしまったら、もう次はないので断られないように注意する必要があります。

「あなたのことがとても好きになったので、また会いたい。」というと、相手がそこまでの気持ちではないときは重く感じて断られる可能性が高まります。

ここは、あなたの好きという気持ちはグッと抑えて「もう少しあなたのことを知りたいし、私も初めてのデートは緊張しすぎてしまったので、私のことももう少し知っていただけたら。」という形で誘うのが賢明です。

2回目のデートを成功させて次につなげるための場所の選び方

せっかく誘いに応じてもらえ、2回目のデートにこぎつけたとしても、3回目のデートがあるかどうかは実はあなたの言動や振る舞いなどだけでなく場所も影響します。

場所やその場の雰囲気というのは相手の印象に影響を与えやすく、思い出やその日のイメージにもインプットされやすいものです。

例えば、あなたがとても素敵な振る舞いをしたとしても、場所がガヤガヤしていてお店のスタッフの待遇やサービスが悪いなど彼にとって嫌なイメージが残ると、あなたとの思い出まで嫌なものになってしまい、次につながらないことがあります。

一方で、あなたがちょっと女性として失敗の行動を取ってしまったとしても、場所の雰囲気が楽しかったり彼が楽しい気分になっていれば、そんなミスはかわいいものとして許してもらえ、楽しかったからまた次も会いたいと思ってもらえます。

1回目のデートで彼の興味や好みをリサーチし、彼がこんなものが好きなんだと言ったら、すかさずそこで「次のデートはそこに行きたい。いつなら空いてる?」とその場で次回のデートの約束を取り付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です